ホーム 取扱製品 お問い合わせ



最近の旅客機のファーストクラスは、 コンパートメントのフルフラットタイプが主流になり、 新品では8万米ドルもする高価なシートになりました。 航空ファンの方なら、一度は自分の部屋のインテリアとして、 ファーストクラスのシートを置いてみたいと思ったことがあるでしょう。

スカイレックスでは、1980年代のエアバスまたはボーイング旅客機から インテリアとして使用できるファーストクラスやエコマミークラスのシートをレストアリメイクし限定品として取り扱っています。 ご注文の場合、張り替える皮革もお好きな色に選択することができます。

世界でも希少価値のあるファーストクラスのシートを世界の航空ファンに向けてご紹介致します。




海外旅行の旅客機内では御食事の際にお世話になるお馴染みのサービストローリー。 ミールカートとも呼ばれています。

このトローリーは、表からも裏からも中のトレイを取り出すことができます。 ロック機能があり頑丈なアルミニウム製のストレージです。

スカイレックスでは、実際に使用されていたトローリーをインテリアで使用できる用に仕上げました。 事務所の書類入れやカフェバーなどでのインテリアとして最適です。

ハンドメイドレストア品のため入荷に限りがございます。




ボーイング777の場合、フルサイズのミールカート類は、機材の前方、中央、後方のストレージエリアにまとめてロックされた状態で保管されています。

また、このストレージ部分はヒーター機能を備えており、セットした状態でミールカートを暖めておくことができます。




ウエストカートは、ハーフサイズで上蓋が開き、サービスしたカップ類などのゴミを捨てられるようになっています。

デルタ航空は、グレーですが航空会社によってカラーバリエーションがありロゴが入る場合もあります。

問い合わせが最も多いエコノミーシートは、ファーストシートと違い比較的ヨーロッバでも在庫が多く確保しやすい製品です。 主に輸入後は、各種専門学校、病医院施設、プライベート映画館、個人宅書斎リビング、小規模会議室、映画、雑誌撮影等に採用されています。
価格は、ダブル仕様JPN\320,000/トリブル仕様JPN\420,000(税別・横浜渡し)となります。在庫及び納期についてはお問い合わせ下さい。